2022年04月28日

今日の茶畑の様子(6) 摘み採りが始まりました。

thumbnail_IMG_2185
ようやく摘み採りが始まりました。
thumbnail_IMG_2188

茶況、茶の相場
静岡新聞には毎日の新茶の相場が茶況として掲載されています。相場はこの時期は毎日500〜1000円/キロ程下がって、6000、7000円で始まった茶価は1500円/キロ位まで下がり終了しますが、今年はもっと下がるかもしれません。その値段が6月下旬から始まる二番茶の初めの値段です。しかし値段が高いものが、良いお茶とは限りませんので仕入れは難しいものです。雨の日は茶畑には入れないし、水分の多い雨後の茶は年越しすると味が落ちやすい。日差しが強くなって来ると茶葉が硬くなり風味が落ち、柔らかな味わいがなくなります。摘み取った茶葉はその日のうちに揉み上げなければ、鮮度が悪くなり低評価ですから夜なべ仕事です。しかし茶工場の製造能力には限りがありますので、天気の具合と摘採の進み具合との兼ね合いとなる。大変な仕事の割に茶価がココ20年程下がり続け、茶農家の跡を継ぐ人がいないのは心配な事です。ペットボトルの普及だけででは無く、緑茶喫茶と現代の生活リズムと合わなくなってきたのかも知れませんね。しかし私は頑固に急須を使ったお茶を愉しみ続けます。でぁ