2020年05月25日

天空のルイボスティーの紹介!

https://www.youtube.com/watch?v=Dc7LsNTQ8Zo&feature=emb_err_woyt
↑クリックしてみてください。天空のルイボスティー(弊社の登録商標)南アフリカ特有の霧がかかる様子です。

IMG_0650
テーブルマウンテンの上にあるルイボスの畑

南アフリカ南西部の山々は、山頂が岩でゴロゴロした平らなテーブル状になっています。そんな標高1200m以上の岩山を開拓して、ルイボスティーを作っている人もいます。まさに南アフリカの「ポツンと一軒家」です。お隣さんは山を下りて砂漠を数時間も走る必要があります。

ルイボスは栄養豊富な土壌では育たず、自然の痩せた土地を好みます。岩ばかりのほんの少しの土地に野生のルイボス種を拾ろって、植え付け3年ほど育てると、やっと刈り採ることができる。

岩山のルイボスティーは、最も野生のルイボスティーに近い味と香りに特徴がある。
水は雨水しか頼れませんが、ほとんど雨は降りませんので、大西洋に発生する霧が頼りです。
テーブルにクロスが掛かった様に見えることから、テーブルクロスと呼ばれる現象。その霧がルイボスの葉に付き、流れ落ちる水分だけで育ちますから、とても野生の味がします。

今は、南アフリカもコロナで大変で茶葉を厳しく選別することができなくて、通常のルイボス原料の中に混ざっていますが、将来は独立した商品として紹介していくつもりです。ご期待ください!

ルイボスティーには、ストレス解消の作用があると文献にも紹介されていますので、お茶とプラスのマインドと深呼吸でこのストレスを開放してください。

でぁ