2019年09月27日

新しい物流センターが誕生しました。

掛川IMG_2297補正済み
五階建ての事務所棟、床面積約2500坪

2DSC_1704修正掛川
工場倉庫棟、床面積約6200坪   
袋井センターに次ぐ新たな物流センターが誕生しました。
袋井市と島田市の中間地点、掛川市。国一バイパス、東名、新東名との交通の便が良い場所、その敷地面積は何と3万2000坪もありますよ。
携帯電話を組み立てていた大手の工場だったところですから、倉庫はすごくきれいです。

ほぼ満床状況の袋井センターでしたから、新たな拠点を探していました。

日本のど真ん中に位置していますので、鹿児島⇔北海道のお客様へも翌日配達が可能となり、さらに物流費の削減が可能に、そしてティーライフの物流ノウハウで、いろいろとご支援ができることを大いにアピールしていきたいと思います。

日本の小売業の中に占める通販の割合は5〜6%、アメリカ10%、中国40%程ですから、まだまだ通販の物流センターは必要になって来ます。これからも果敢に挑戦していきます。ご期待ください。