2019年03月06日

南アフリカに行って来ました。

無題1
ステレンボッシュのワイナリー

無題
ルイボスティーの刈取り

名古屋空港から香港⇒ドーハ⇒ケープタウンと乗り継いで30時間!かなり遠いです。今は真夏で40度くらいあると聞いていたが、意外と涼しく過ごしやすい。最後の日には半日ゴルフもできました。ルイボスワインのワイナリー見学、ルイボスティーの畑の見学、工場で打ち合わせと過密スケジュールをこなして、ミッション完了です。
南アフリカはヨーロッパのお金持ちが多数移住しているところ、日本人の感性とは違うが、お金があれば楽しく、優雅に過ごせる処なのだろう。失業率が50%以上あり、現地の人を安く雇用できるところが魅力なのだろうか?
しかし、物価は高くホテル代もタクシー代も日本より高い感じがする。食事もサービスが悪い割には高い!料理が出て来るのに確実に30分以上かかる、経営者はほとんど白人なのにである。日本のサービス業のレベルの高さにあらためて気がついた。日本に来る外国人が多いのが良く分かる。昔読んだ本で、「アフリカの奥地に住む人の幸せとは、今日食べるものがあること、明日のことは明日考える!」のが価値観だと。大都会のケープタウンでも、免許証の更新でも一日掛かるそうで、並んで仕事を見ていないと、翌日には書類が無くなってしまい、また振出しに戻るとのことだった。私では血圧が上がってしまいそうだ(笑)まぁ世界を広い、それでも住みたいと移住してくるのだから人間て面白いものだ。