2019年01月30日

巨大な逆さ富士?

無題

価値感を180度変える。やっぱり新しい時代に入って行っているのか?

テレビを見ていたら中国のビックデータの話をしていた。
中国では個人の情報を点数で国家が管理しているらしい。
この点数はすべてに使われる、仕事やお金を借りる時の個人情報で融資額と利息がきまる。結婚相手を選ぶ時も点数の高いを選ぶとのこと。
生命保険も買い物の履歴、運動の履歴、通院の履歴などなどあらゆるデータを自動的に収集して、個人の保険料率が決定されるようになっているらしい。

GAFAはスマホとインターネットでつながるすべての情報を記録、収集している。そんな顧客データの奪い合う経済が現実に起こっている。これからは中国ではなくても、ビックデータを握ったものが支配力を持つことになる。(もうなっている?)つまり、ビックデータがお金以上の価値となっている。

「いいね!」を押せば押すほど個人の趣味、嗜好を知らせていることになる。トランプさんはファーウェイに通信を独占させない戦いを始めているが、日本のビックデータはアメリカの会社がしっかりと握っているだろう。安部さんがダボス会議でデータ管理の国際的な管理を提唱していましたが?

企業や個人のビックデータをAIに読み込ませることを続ければ、やがて人間より正確な判断するようになってくる?
銀行の貸付も・・・AIが判断するようになるだろう?

アマゾンは「情報はお金以上の価値」であることを理解しているから、採算を無視して事業をドンドン構築してくる。そんな相手に、昔ながらのPLやBSで事業を考えていてはダメな時代に入っているのかも?

時代は恐ろしい勢いでパラダイムシフトしている。・・・社長のひとり言!