2019年01月15日

社長らしいことを書いてみました。

写真 (31)









「たまには社長らしいことを書いたら?」で、正月休みに読んだ本と私の思いをちょびり書いてみました。

連合艦隊に立ち向かう戦略とは?

GAFAは太平洋戦争で日本軍を打ち破ったアメリカ連合艦隊に似ている。独立はしていても互いに連携しながら、世界を自分たちの色に塗り替える戦いをしているように映る。そんな戦いのルールを変える力を握ったGAFAだけが一人勝ちの世界になるのか?

物量に勝る敵に勝った例は、ベトナム戦争となんだ?・・・ビジネスの世界では色々ある。

日本軍が敗れたのは「超」入門 失敗の本質」によると、
\鑪の失敗・・・・戦略とは「目標達成につがる勝利を選ぶ』こと。
※日本人は大きく考えることが苦手。日本軍の努力の70%は無意味だったいわれる。

∋弭擁法・・・・練磨と改善からの脱却「達人を不要とするシステム」。
操縦技能が低くても戦って勝つ飛行機を開発、戦術の考案。レーダーの開発。
※どんなに性能が高い商品でもプラットフォーム戦略で負けたら、いずれ全てで負ける。

イノベーション・・戦略とは「追いかける指標」のこと。お客様の購入指標が変化しているのであれば従来の指標は無意味。
※「これを買いたい!」と思わない変化であれば、それはイノベーションではない。

だ功体験が勝利を妨げる・・・成功体験が環境変化への対応の邪魔をする。
※「勝利の本質」と成功体験は別物。創造的な脱皮を続ける文化が勝利の本質。

チ反ケ娠帖ΑΑ人事は組織の限界と役を決める要素。評価制度の指針変更は組織運営の最大のイノベーション。
※勝利につながる現場を活性化する仕組み。

Ε蝓璽澄璽轡奪廖ΑΑ屮肇奪廚もっとも利益にかかわる課題を正確に把握」しているか?
※「目標達成につがる勝利を選ぶ」重要課題への正確なウエイト付け。

経済が総じて好調の時は、戦略の重要性も見過ごされがちだが、見通しできない不安定の状況では戦略の意味が格段に重要! 以上、結果として「リーダーこそが組織の限界を作る」ことがハッキリした。

でぁ