2018年11月26日

4泊5日で沖縄研修・・

70844だるま落とし

4泊5日で沖縄研修、飛行機の中で、することがないのでこれを書きました。

「日産のカルロスゴーン会長が逮捕され、今後の展開はどうなるのかを?」

プライベートジェットが日本の空港に着いて、飛行機の中で逮捕されたことを見れば、
日産の社内から到着時間も知らせていたことになり、逮捕できるだけの確証も充分揃っているはず、そうでなければ国際問題になるだから。

日産でもこの機に乗じて、カルロスゴーンやフランス政府の影響力の排除を考え警察に協力したはず。

しかし今回のやり方は、むしろそんな思惑とは反対に作用するのでは?

今回の違法のことを認める訳ではないが、今後の展開を考えるともう少しやり方があったのではないかと思う。

今後どうなるのか?
‘産のブランドイメージが大きく毀損した。事業にはマイナス。

大株主のルノー、フランスを怒らせたことは確実。

ルノーの利益の半分以上は日産から得ている。お金のなる木である日産株は絶対に手放さない。さらに統制を強めるために株を買い増ししてくる可能性が多い。

ぐ稻,鮓逃していた日産の現経営陣の責任も問われる。

以上のことから今回のことで日産が得るものは少ない。

カルロスゴーンの影響力を排除するのが目的なら、正義の味方を気取ってもダメ。

フランスから、強力な新しい第二のカルロスゴーンが来て日産側の取締役をクビにして、さらに影響力を強化をするのは目に見えている。

それなら、このカルロスゴーンの弱みを握って、フランスとの交渉のテコに使って影響力を薄くしていく作戦はできなかったのか?

もう少し、穏便なやり方で主導権を握る方法があったのかもしれない、少し残念である。

やはり、手段と目的を取り違えてしまったのが最大の間違えだったのでなと考えた。

事業でも目的を見失わないように、しっかりと考え抜かなければいけないと強く思った。

でぁ