2017年03月01日

就活がいよいよ本格的にスタート!

noiroze_syukatsu_woman[1]
今日から新卒の学生に働きかけが解禁になりました。さて、就活の学生さんに向けて、少しでも参考になることを書けたらと思います。就職活動の評論家でもなんでもありませんので、今までの経験から学生さんの勘違いみたいなことを書いてみます。

〔明椶如屮▲襯丱ぅ箸鬚靴辰りやり社会人になる準備をしました」の自己PRは微妙。

・「会社に入ってやる仕事は1時間○○円で、アルバイトをする事とは質的に違うので、 そのアルバイトの感覚のまま仕事すると、創造的な仕事ができません。

・もちろん一生懸命にやることは素晴らしいことですが、指示されることに慣れたら、指 示待ち族に直行です。「誰もやったことがない事や、世の中に存在しないことも考えら れる」社員を求めて面接しているのに「アルバイトで褒められましたと自慢する人」は 採用担当から見たらどんな風に映るかを考えてみてください。

・「そんなに褒められるのなら、アルバイト先でスカウトされて正社員で雇ってもらえな かったですか?」と聞かれますので、その受け答えも考えておいてください。

・学生なんですから「学生の本分であるどんな研究で何に興味が湧き、何を見つけたのか」など、これからの生き方、大切にしていきたいことなどを話してもらえると採用担当としては、この試験では残して次の試験でもっと探ろうとすると思いますよ。

 追伸 こんなことを書いてある文章を読みました。
労働とは、自分の1時間を会社に差し出すことではありません。
その1時間で言われた命令に従うことでもありません。
労働とは価値をつくること。そのひとつが販売することです。
バイトの経験が長いと「時間と交換するのが労働」と自分の細胞に刷り込まれる。