2016年03月22日

就活社会に出てからが本当のスタート

香港
仕事で8日間ほど中国〜香港と回り、昨日帰ってきました。
香港の下町にあるホテルのロビーに紅衛兵が毛沢東語録と携帯電話を持って「GO!GO!金儲け!」と紅衛兵には口だけで目がない皮肉たっぷりの銅像がありました。

学生から、「御社の仕事のやりがいは何ですか?」と聞かれますが「やりがいは」人それぞれのはずで、最初から仕事を義務感でするものと考えているようでしたら、もうその時点であなたの仕事選びは失敗です。

「社会貢献は何をしているのですか?」とも聞いてくる学生がいますが仕事が社会貢献になっていない会社は、短期の成長はあっても10年、20年と長期にわたって発展していくことは絶対にありません。したがって、本業そのものが社会貢献になっているからこそ、私どもの会社も存続しているのです。

企業というものは事業が商品やサービスを通じてお客様に喜んでもらうことで、存在が許される団体です。別な言葉でいえば企業とは社会に貢献するための機能を持った団体です。

仕事とは本来楽しむためにあるもので「働く人が幸せであること」もとても大切です。
もちろん仕事で悩んだり、苦しんだりすることもあるかもしれませんが、そんなことも楽しめてしまうのが仕事の良さです。自分の為だけでなく、お客様やともに働く仲間、ひいては社会によろこんでいただく喜び、そして自分が仕事を通じて成長する喜びです。

他人を押しのけ、打ち負かすことがビジネスだと理解してしまうと人間の幅が小さくなります。仕事との本質は自分以外の誰かを喜ばせる喜び」にあると思います。

大手の企業ばかりを目指している方も多いですが、世の中にはいろいろな仕事があります。だから、そんなチャンスを見逃しているのは、もったいない。自分の存在感を確認できる、自分がやることで社会に貢献している実感があるのは、中小企業の方がある場合が多いです。そんなチャンスを始めから放棄するのはもったいないです。ぜひ私たちの会社説明会にご参加くださいね。

であ