2016年02月19日

就職ガイダンス

IMG_0661


29年度新卒ガイダンスが始まります。

ことしも就職を考える季節となりました。でも「なんのために働くか?」を考えないで動き回っても、納得する仕事が見つかる可能性は低いのでは?


そこで、私なりに「働くこと」を考えてみます。


働く目的の第一は「経済的な理由」ですが、それだけではつまらない!

それは・・・・・もちろんですね。

だから何を考えたらよいのかを考えてみる。

そんな時は、もう一段上から考えると分かりやすいです。

私の趣味は山歩きですが、山歩きで道に迷ったらより高い山に登って自分の位置を確認するのが正解、あせって下山しようと沢に降りると、たいがい、ひどい目に。

良い人生とは、良い家に住んで、良い車にも乗って、良い伴侶と「楽しい人生を」・・・・そうですね、私もそんなイメージでした。

しかし、歳をとるとともに少し違ってきましたよ。


「良い人生を送りたい」から「良い死にかたをしたい」と思うようになりました。

良い死に方は良い人生を送らないとできないですからね。

若い人が、死のイメージなんて、絶対にできないとおもいますが、人生も後半にさしかかると、悔いがない人生なら、あとは何にもいらないと思うようになりました。

「良い車も、良い家も」あるにこしたことはないが、何をしたかが、大事になりました。
若いうちにそこまで考えなくてもいいですが、一段高いところで考えるクセは大切です。


「自己満足できない人生は、やっぱり価値が低い」との思いが強くなったのです。
「良い車も、良い家も」も、あるに越したことは一向に構いませんが、自己満足できなければつまらない。・・・・・自己満足できたら、それはそれで良いですが。

おかしなもので、自分のためによりも、むしろ世のため、人のために頑張れば、自然と両方が満たされるようになっているのが、この世の中なんだということが分かりました。


そこで、やっと「なんのために働くか?」です。

学生のときは受け身で「インプット」、社会人になれば何かを社会に仕事として「アウトプット」しなければ、給料をいただくことができません。したがって、何をすれば楽しく仕事できるのかが大切です。

仕事が人生のすべてでもありませんが、ほとんどの時間を仕事をして過ごすことになるのだから、楽しくない仕事は続きません。したがって、人生を豊かに、楽しくしてくれる仕事があれば良いと思います。

会社を選ぶ前にどんな仕事が楽しそうかを考えてください。そしてその先に自分の人生で悔いのない自分がいるかを、考えてください。そうしたら、やりたい仕事も見えてくるのではと思います。

と、偉そうに書きましたが、どんな仕事が自分に向いているのか?
本当はそんなこと、ほとんどわからないはずです。

やりたい仕事が見つからなければ、こんな仕事だけはやりたくないと「やりたくない仕事を」リストアップしてください。

まぁ〜どんな仕事でも本気で取り組めば、奥は深いし自分を成長させてくれる機会はたくさんあるものですから、そんなに心配しなくて大丈夫です。

実力を付けて、職場を自分で変えていけば良いし。
イヤなら会社を退職する自由は自分にあるし、何も心配いりません。

しかし、公務員でも会社員でも、そんなに楽な職場はないと思います。

これから10〜20年先には今の仕事がAIに取って代わられる、大変な時代となるのは確実です。今の仕事の半分はAIにとってかわられると言われています。

ネットで「これからなくなる仕事」で検索してみてください。

地図よりコンパスです。地図がドンドン上書きされても道を迷わないコンパスが大事。
どんな時代になっても揺るがない自分を作らないといけません。

余計に分からなくなったかな?  では・・・・・・

つぎは、揺るがない自分をつくるための仕事術ということで書いてみます。

であ!












この記事へのコメント
何のために働くか。
私は完全に出会いのために、働きに行き同世代がなかなかいないので、出会わずに独身です。若い女の子には、早く嫁に行け25過ぎたら世間は冷たいと言いたいデザイン賞⁉
Posted by アプルパイ at 2016年05月04日 01:34
私は完全に出会いのために働きに行き同世代がなかなかいないので、独身です。若い女性には、早く嫁に行け!25過ぎたら世間は冷たいと言いたいです。
Posted by アプルパイ at 2016年05月04日 01:35