2011年04月21日

被災地に咲く桜!!

21 佐藤さん宅 庭に桜
宮城県亘理町で力強く咲く一本の桜。

4月11日にボランテァで行った佐藤さん宅の庭に咲いていた。

この桜を見たときに、いろいろの出来事が起きても時間は同じように過ぎて行く
そして、私達も歳をとって行くのだとイメージできた。
 頭の中にメロディーが!
♪めぐる、めぐる、時代は〜めぐる? 喜び悲しみ繰り返〜して〜

被災地までは車で8時間以上かかり、社員といろいろ話もしたが、話が途切れた時に

今後の仕事の進め方を考え携帯にメモをした・・社長なので?

そのメモを紹介すると。

※今後経済は3カ月ほどは停滞、落ち込むことが予想される。意外と長引くことも
 復旧のための活動が活発になるのは夏以後になるだろう。そうすれば資材をはじめ としたインフレに備えなければいけない。停電の影響は長く続くと資材欠品で商品 が不足することも。売り上げは当面厳しく5〜10%位落ち込むだろう。そうすると
 予算達成の不足対策が必要になる。当面は新規の顧客開拓は難しくなる、既存のお 客様との絆を強くするために予算をシフトさせる方がよい。
 コレからは、夏の停電をどう乗り切るかに話題が移って行く、そんな解決法をメル マガ、カタログでも紹介していこう。おばあちゃんの知恵「打ち水、うちわ」が
 再評価?そんな切り口でカタログを作るのがよいだろう。
 ピンチはチャンス。いつでも動き出せるスタンスを!!

 などと、携帯のメモに書いてあった。

それからホテルでのメモには。

 将来復興景気になっても、国民の所得増加につながらないので、消費マインドが
 長期的に良くなることは期待しない。脱原子力、脱化石燃料は世界の流れとなる。
 日本は好むと好まざると東アジア経済共同体のような形態になって行く。
 しかし、日本人は85人に1人の割合で1億円以上の資産を持っている、この状況 でそのお金持ちはどう動くだろう。その人たちにお金を使うことができる商品、サ ービスは再評価されると思う。事業もそんな観点を入れておいた方がよいかも。

社長として社員の為にもこの難局を乗り切る為に・・・などと、色々考えていたら
朝までぐっすりと眠ってしまった。

私だけでなく・・今回の震災で苦境と戦っている方々に、
  是非とも一緒にガンバロウと声を大にして言いたいなぁ。

 私の会社では第二回 被災地ボランテァ活動に、今週末から福島県いわき市に
 社員8名で行くことになりました。

 でぁ