2010年07月27日

携帯をi phoneに変えて2週間〜

携帯をiphoneに変えてようやく使い方が少し解ってきたこの頃?

取り扱いの説明書らしいものがなく、やってみて、覚えろということらしい!

これだけ機能があると、取り扱いの説明書を読む人もいないのかもしれない。

携帯も直感で使い方が分かるようになっていないとダメだし、直感で分かるようでな

いと、これからの時代を生きていけないのかもしれない。

先日、社内の新人教育の場で新聞を読んでいる人は手を上げてといったら、ほとんど

手が上がらなかった。本を読んだりニュースを見たり、その中から、なにかを読みと

るという能力が全体に低下しているように思うのは私だけだろうか?

そんな傾向が続きそうだなぁ〜 あぁ! それだとしたら、今後の方向を示しているよ

うに思う。通販も取引案内など必要ない、ごくごくシンプルな仕組みにする必要が〜

で、iphoneに変えて良かったことは説明書がなかったこと? (笑) 災い転じて福??

最初は何にも使い方が分からず、怒りが沸々としていたのが、今はニンマリ!

携帯電話だと思っていたので面食らっていたが、これはPCに携帯電話が付いたもの

と思えば納得できる。

ネットを使うのには、やっぱり使いにくい、だから次はipadを買ってくださいとの流

れになっている、なぜか複雑な気持ちだがその流れだけは良く分かる。

最初にクレジットカードの登録から始るのは、日本人の感覚と違うようにも思うのだ

が、じつに上手い仕組みになっている。その見事さに圧倒される思い、そんなことに

驚いている人間はもう古いのかぁ?

この便利さの裏側になにか恐ろしいものと、同居しているような気持ちにさえなる。

ドラッカーの言葉を思い出した。

「情報は売っても残る。むしろ大勢が持つほうが価値がある。今日の基本的な

 資源は情報である。しかるに、情報はほかの資源と異なり、希少性の原理に
 
 したがわない、逆に、潤沢性の原理に従う」

デジタル情報はいくら売っても、原価が変らない・・・・よい商売だぁ

隣の芝生は青いが、・・・・まぁ〜そこは、それなりの厳しい競争の世界だろう、

自分たちのも商売も大変ではあるが、今のネット社会にあわせ、お客様にストレスな

く買い物ができる環境を、早急につくるのが私たちの仕事なんだと、

iphoneを手にして考えたぁ〜

でぁ