2024年07月02日

人間は金魚になる?

kingyo

人間は金魚になる?
生成AIを使っていると、1〜2ヶ月で凄く賢くなっていることを実感!
『AIが人間より賢くなるわけがない、なぜなら人間がプログラミングしているんだから』という人がいますが、生成AIはプログラムではなく、AIは自ら学習しているのでどんどん賢くなります。使うたびに答えが違ってくる?プログラムでないから答えが微妙に違ってきます。
やがてAIは公開されたコモディティデータと企業が保有するプライベートデータをそれぞれリアルタイムに学習し、その上で推論をしていく」そんなAGIを中心とした世界が、今後10年以内に訪れるという、さらにその10年後には「ASI」の世界になるとソフトバンクの孫正義氏は言っています。ASIとは Artificial Super Intelligenceの略で、人類叡智総和の1万倍になるらしい。
「10倍ということではなく1万倍ということになると、人間対サルではなくて、人間対金魚くらいの違いだそうです。金魚のニューロンは人間の約1万分の1ですから、今後20年で人間の知能とAIの差は、今の人間と金魚と変わらない程、AIと差ができるということ。コレはビックリ!!
孫正義氏の推論どうりにならないことを祈るばかり。

でぁ

  
Posted by sintyan_world at 09:54コメントの投稿(0)

2024年06月24日

百合園に行ってきました。

thumbnail_IMG_2454


弊社の袋井センターの近くの百合園に行ってきました。百合園もきれいでしたが、アジサイもとてもきれいでした。静岡地方もやっと梅雨入りとなり、急にムシムシと肌がべたつくような日が続いています。私の小学生の頃、だいぶ昔ですが小雨が毎日続くような梅雨でしたが、今は激しい線状降水帯見たいな、バア~と降って、太陽が照り付ける日の繰り返しのような梅雨になっている?気象も変わってきているのかと実感。朝、月から金曜日は小学生の通学安全ボランテァに出ていますので、強く雨が降ると
親が車で送るので、見守りに出るかどうかを判断に困ります。私の小さい頃は親が車で、送り迎えしてくれることは一切ありませんでしたが時代が変わったなぁと〜
お元気でお過ごしください。
  
Posted by sintyan_world at 08:54コメントの投稿(0)

2024年06月12日

社内で生成AI研修しました。

thumbnail_IMG_2442

パワポもエクセルもアッという間にできてしまう。これは凄いです、しかし、70代ではこの変化のスピードについていけるかが心配です(笑) 数か月で指数関数的に賢くなって、もっと使いやすくなると思います。使いこなせる人とそうでない人の格差が、圧倒的に差がつくのは明らか、ただしこんなに賢くなってくると、自分の頭で考えない人が多くなり、子供の教育など心配です。もの凄く儲かる会社とそうでない会社の差も大きくなり。やがては仕事をしなくても一定のお金が配布されるような社会になっていくような予感? 嬉しいような嬉しくないような? マァ~これからの人に頑張ってもらいましょう。

  
Posted by sintyan_world at 09:29コメントの投稿(0)

2024年05月27日

ルイボスワインが金賞受賞!!

thumbnail_509243245344326123

世界27か国から4000アイテムを超えるエントリーの中から金賞に選ばれました。(拡大して見てね)

thumbnail_IMG_1683

南アフリカのステレンブッシュにあるワイン農場、昼間と夜の寒暖差により、特別濃厚なブドウの採れる最適な立地、岩と小石の混じる最適な土壌、ステレンブッシュ大学にはワイン醸造科もある、歴史的にも昔から良いワインの産地として有名なところです。私が初めて訪れたのは5~6年前ですが、ルイボスの抗酸化性を生かして化学的な酸化防止剤を使用していないところが気に入って日本での販売権を獲得したのが始まりです。その時の判断の正しかったことが証明されたようでとても嬉しいです。
  
Posted by sintyan_world at 13:43コメントの投稿(0)

2024年05月14日

おいしい新茶味わってください。

thumbnail_b_shincha

今年の新茶は霜の害もなく、すんなりとした新茶らしいのど越しの良い甘みを感じる旨さのあるお茶となりました。前回も書きましたが、この新茶独特の味と香りは6月頃になると、だんだんと薄くなり、やがて新茶独特の香り、味わいがなくなってしまいますので、ぜひともこの時期に味わってみてください。ペットボトル入り緑茶が普及して、簡単にお茶が飲めるようになり、私も時々は利用しますが、緑茶本来の味とはだいぶ差があります。
しかし、このペットボトルの味がスタンダードの味になっていくようで恐ろしい。高級茶といわれる価格帯は苦戦、したがって茶農家の収入も低下しており、茶農家を廃業される方も増えております。十分な手入れもできず茶畑も荒廃していき、品質低下となり、さらになる収入源と、悪い循環となっているようです。その中でも良質な荒茶生産者の方に、生産意欲を落とさないように仕入れには真剣に取り組んでおります。愚痴になりましたが、おいしい新茶はやはりおいしいものです。ぜひ味わってください。  
Posted by sintyan_world at 09:39コメントの投稿(0)

2024年05月07日

お客様に茶摘み体験を楽しんでいただきました。

thumbnail_b_MG_2571
thumbnail_b_MG_2535

おかげさまで、前日の雨もやみ、絶好のお茶摘み日和となりました。今年の新茶は茎も柔らかく新芽の三葉目のところを90度に曲げると「ポチッ」ときれいに摘み取れます。摘み取った新芽は持ち帰ってもらいました。一部は昼食時にレストランで天ぷらにして召し上がっていただきました。
さて、新茶にはこの時期にしか味わえない「柔らかな味と香りが身上です」茶に携わる人は、この香りと味を「節香」と言いいます。この「節香」はこの時期を過ぎると、消えてしまって来年の新茶まで味わえないので、その希少性のために新茶の値段も高くなります。ぜひ自然がくれた「味と香り」を味わってください。  
Posted by sintyan_world at 10:41コメントの投稿(0)

2024年04月22日

新茶の摘み取りが始まります。

thumbnail_IMG_2429

4月22日朝の茶畑、新芽もだいぶ大きくなりました。あと2〜3日で摘み取りが始まりそうです。今年は霜の被害もなく順調に育ち、総じて良い新茶になりそうです。昔は手摘みで一葉一葉丁寧に摘み取ってましたが、今は大型の乗用型茶摘み機で一遍に刈り取ります。それだけお茶を蒸し、お茶を揉み上げる茶工場も大型の機械が必要になり、工場も体育館のように大きなものが必要でとなります。しかし年間の稼働日数は30日もありませんので、経営は大変です。機械や工場の導入時は補助金がありますが、維持費もそうとうかかりますので採算はどうなのか心配になります。ここ何年も茶価も低下して、生産量も減少していますので、茶農家を廃業する方も多くなっております。新茶が始まる前に不景気な話をしてしまいましたが、少しでもリーフの茶葉を飲んでいただきたく愚痴が出ました。新茶の瑞々しい味と香りは、この時期だけのものですから、ぜひ味わってください。



  
Posted by sintyan_world at 08:51コメントの投稿(0)

2024年04月10日

一雨ごとにグングン芽が伸びる!

thumbnail_IMG_2421

前回の写真よりたった2日なのに、こんなに芽が伸びています。自然の力とはなんと凄いものだと感心します。4月から小学生の通学見守りボランティアに出ています。同じ時間に通学路に立って、同じ茶畑の変化を驚きで感じてます。さて、静岡県の川勝知事が辞任することになりました。確かに不適切な言動の多い知事でしたが、川勝知事一人が、リニアの建設を遅らせいてるようなメディアの取り扱いでしたので、知事をかばう意味からではなく一人の静岡県人としての意見を聞いてください。最初からJRの対応も悪く、似た者同士といったところが正直な感想です。リニアが開通しても静岡県には何のメリットもありませんので、せめて「のぞみ」の一本でも止まらせたり、新幹線新駅も計画したりとの提案はないんですか?と知事が言ったらJRからの答えは、国策だからそういうことは一切ありませんの回答だった。南アルプスの水脈の下を通るわけで、大井川の水量が減らないよう、湧き出た水は全量戻すことを約束したのに、途中から、それを否定してきたのはJRです。すったもんだの末、工事中は東京電力からダムの水を流すことで合意した。しかしリニア完成後に大井川の水が枯れた時には「自然現象だから補償はしない」と今でも言っているのはJRです。

国のプロジェクトだから協力はしますが、トンネルを掘った岩盤は南アルプス国立公園の中に積み上げて放置するらしく、環境に悪影響がないか心配だし、下流に位置する私たちはひたすら命の水が減らないことを祈るだけ。・・・・以上がリニアの顛末です。


  
Posted by sintyan_world at 14:44コメントの投稿(0)

2024年04月08日

新芽も膨らんできました。

thumbnail_IMG_2420

桜も咲き、毎日暖かな日が続き過ごしやすい季節になりました。家の前の茶畑でも、新芽が自分の出番が近くなってきたのを自覚しているようです。さて、毎日「小林製薬の紅麹」で騒がしいですが、紅麹そのものには、何の問題がなく、製造工程か原料に問題があるようで、正直ホッとしております。といいますのも、私どもでも麹菌を使った商品が多く、麹菌のサプリメントも販売しているからです。麹菌は日本では数百年も親しまれ、醤油、みそ、酒をはじめあらゆる商品に使用されている日本の宝とも言われる菌で日本の食文化を代表するものですから、これに問題があるとしたら大変なことになるからです。これからも安全、安心な商品をお届けできますよう精進を続けますので末永いおつきあいをお願いします。  
Posted by sintyan_world at 08:51コメントの投稿(0)

2024年03月12日

ティーライフ40周年感謝フェスタ

thumbnail_IMG_2409


thumbnail_IMG_2410

こんにちは皆さん、ティーライフが創業してから40周年を迎え、その節目に感謝フェスタを開催させていただきました。これまでのご支援に心より感謝申し上げます。

創業以来、お茶に携わる仕事は変わりませんが、時代と共に中身は進化し続けています。

今回の「ティーライフ40周年、感謝フェスタ」では6400人ものお客様にご参加いただき、本当にありがとうございました。

この場所は会社から歩いて10分の「門出大井川」で、これまでの感謝とこれからの新たなスタートを記念してこの場所で開催させていただきました。普通の会社の寿命が30年と言われる中、コレからも、さらなる発展して50年や100年と続いていくのだとの想いを表しました。どうぞ末永くお付き合いいただければ幸いです。  
Posted by sintyan_world at 09:48コメントの投稿(0)