2020年04月01日

我社でも4月1日入社式を行いました。

IMG_8136

入社式で話したことを要約

今日は社会人として夢いっぱいで「ワクワクしているのではないでしょうか?」と、いつもの入社式では話しますが、今年は「コロナウイルス」でとんでもない異変が起きていますね。

この影響は、世界的な混乱の始まりとなるかもしれません。完全に収束には何年も?

しかしこの危機を通じて「仕事のやり方」が変わって行くことになるのは、間違いないと思います。
具体的には「テレワーク」です。
会社に出社しなくても、自宅でもどこでも仕事をするスタイルが急速に定着すると思う。

皆さんは「働き方改革」という言葉を聞いたことがあると思いますが、正社員とか非正規社員とか関係なく同じ仕事をしたら同じ賃金を払いなさいという制度、今日から施行です。

これからテレワークをはじめとした、いいろいろな雇用形態になっていきます。そうなると、給料を払う会社としては「費用対効果」を考えますので仕事のできる人に、自動的に仕事が集まることになると思います。

ITが進歩して、一か所に集まって仕事をする必要が薄れている。大手の会社で社員の副業解禁が広がっているのも、フリーランスの流れではないかと思います。10年後はアメリカの労働者の半分以上がフリーランサーになるといわれている、日本も必ずそうなります。

入社式に厳しいことを言うようですが、会社は仕事をするために集まった「目的集団」です。家族のような「癒しの集団」ではありません。目的にかなわなければ、目的にかなう人に、仕事を譲らざるを得ません。厳しいですが、それが現実ですから、肝に銘じておいてください。

これから世の中は、ものすごく大きく変わっていきます。その象徴は自動車の自動運転ですが、AI、ネット文化といった変化の中で働いていくことになります。2030年には、今ある仕事の約半分がAIやロボットに置き換わると予想されているのは、良く知られた話ですから調べてみてください。

それと国際化、グローバルの時代です。去年のラグビーチームを見て、感じたかもしれませんが、皆さんは、そういった新しい時代の中で働いていくことになると思います。

そんなAI時代の新しい働き方とは、新しいことを勉強していく時代です。
社会が変化していけば、働き方もドンドン変わってきています。仕事のやり方も、それに合わせて変えていく必要があります。したがって新しいやり方を進んで学び、スキルを上げていかなければ、自分の仕事がなくなるだけです。

何とかなると思っていても何ともなりません。それが時代が変わるということです。ここが今日のポイント重要なことです。そこで、勉強の必要性がものすごく高くなっています。

今までは社員に社内教育で、手取り足取り教えていくことで間に合っていましたが、今は変化が早く教える方も勉強しながら仕事していますから、部下に丁寧に教える暇がなくなっている時代です。

そこで独学です。今はウェブや検索を利用して勉強することができる時代です。やる気になれば容易に、驚くほど効率的にできるようになっています。ウェブですからどこに住んでいても、最高峰の勉強ができるのです。

時間がない、チャンスがないというのは言い訳です。今の時代をどう過ごすかが、あなたの将来は大きく違ったものになると思います。学校に入らないと学べないと思っている人は、頭が古いです。独学なら受け身ではなく自分から必要なことを効率的に学べるのです。・・・・ようは意欲の強烈さです。

のんびりしていては、時代の変化に置いてきぼりになりますので、毎年新しい自分をインストールして、今の時代に適合する、そんな気持ちで生きていきたいですね。

皆さんは、おそらく結婚しても仕事を続けていくことになると思います。もちろん産休育休はしっかり活用した後ですが、最近は、私どもの会社でも、ほぼ全員が仕事をし続けています。それだけ社会と繋がっていることは、時代に遅れない為にも、価値があると思っている人が増えているようです。

そして、社会人になったら、立場は学生の時とは180度違います。学生時代のように知識を身に付けるだけではなく、自分の能力をアウトプットして「収入を得る」ということです。お金を貰うのだからプロです。社会人になったら、基本的に周りはライバルです。したがって、自分は自分の責任者となって、自分を磨いていくという姿勢がないと仕事のレベルは上がりません。

厳しいことも言いましたが「仕事を楽しくするのも、嫌になるのも」自分が決めるものです。そしてどうせ仕事するなら「明るく、楽しく、素直に」仕事して行きましょう。そして悔いのない人生をつくっていきましょう。

変化の時代は、それと同じようにやりがいもある時代ですから、
頑張りましょう。



  
Posted by sintyan_world at 16:46コメントの投稿(0)

2020年03月27日

茶の新芽、たった4日でずいぶん大きくなった。

新芽
温かな日があるとグングン育つものですね。

コロナウイルスで外出自粛要請があちこちで出ましたね。弊社でも原則、出張は禁止としました。

今の状況は家族の誰かが、事故にあって、その状況変化を呑み込めない家族のような状態かもしれませんね。
東日本大震災の時も状況を飲み込むにも、2〜3ヶ月は要したと思うので、それが全世界で起こっているわけだから、影響はもっと大きくなりそうだ?

世界の経済が復調するにはあと一年ぐらいは掛かるかもしれません。
しかしコロナウイルス騒ぎは必ず終息します。ただし完全に終息するには1年以上掛かるかもしれませんが?コロナ以後の状況は見通しできないが、しばらくは経済は縮小していくことになりそうだなぁ。

そうすると企業の優劣が今以上にはっきりと出てくる社会になっていくだろうね。今後はデジタル社会が急速に進むことは間違いなく、その流れに乗れない会社は厳しいことになりそうだ。ガンバロウ!

新茶も近い、美味しいお茶で明日の英気を養ってくださいね。

  
Posted by sintyan_world at 17:30コメントの投稿(0)

2020年03月24日

お茶の新芽もほんの少し顔を出した。

RIMG0010

厳しい寒さもやっとやわらぎ、まさに三寒四温の頃ですね。通勤途中の茶畑の新芽も顔を出し始めました。
あと2週間もすると、グングンと成長していきます。

「新茶」の何が凄いと言いますと!

新茶とは「一番茶」と基本的に同じですが、「旬」のものとして最初に摘まれる「初物(はつもの)」を指して呼ばれる際に使われます。
毎年5月上旬(八十八夜の頃)に摘み取られた新芽から作られる“出来たてホヤホヤの緑茶” のことです。

いわゆる、お米の「新米」と同じですが、新茶が毎年注目されるワケは、他の作物同様「新鮮な“旬”の美味しさ」があることはもちろん、なぜか一年でこの時期にしか楽しめない新茶独特の “新緑のように爽やかな味と香り” を持っているからです。

来月から、新茶の予約も始まります。是非とも、「さわやかな春の精」を楽しむという古来からの風情を味わって欲しいと思っています。

静岡県の川勝平太知事は、定例記者会見で、今の流行をブロックのために「静岡の名産品の緑茶には健康力向上の効用が証明されている。ぜひお茶のある生活で健康増進を図っていただきたい」と呼び掛けた。

知事の言葉がストレートすぎて「直接表現できない言葉の為、勝手に表現を変えています」

でぁ

  
Posted by sintyan_world at 16:23コメントの投稿(0)

2020年03月13日

笑って「アハハ!」

IMG_1393

「つくし」も芽を出すのが早い。

コロナウイルスのなんとも間の悪いことだ。消費税アップはリーマン級のことがあれば中止だったのに?
コロナウイルスを発端としての世界的な不景気は、今年一年は確実に続きそうだ。
オリンピックも開かれない可能性が高くなってきたような?

影響は世界を一回りして何回もだらだらと続き、その後には中国、韓国、ヨーロッパの国々の経済変調もありそうですね。・・・・今後その影響がリーマンショックの時のように10年ぐらいは続くのか?

日本でも自粛の影響が顕著に出てきた、テレビが不景気のコメントを探して歩いて、それを見るたびに、ますます財布のひもが固くなる。

こりゃ駄目だ!⇔いかりや長介だ。

そんな時は、開き直って笑って「アハハ!」「アハハ!」「アハハ!」とやるべきことをやるです。  
Posted by sintyan_world at 16:23コメントの投稿(0)

2020年03月06日

季節外れの「迷いガツオ」?

無題
もう少しすると春ガツオの旬ですが、季節外れの「迷いガツオ」高級店が注目!こんな記事をみました・・・それ、先月食べた。しかも、寿司屋さんで、サービスで出してもらいました。「もちガツオ」と言っていましたが? カツオとは思えない脂の乗りで、もちもちした食感でした。貴重なもの「ありがとう!おいしかった」とお礼を言っとこう!

新型コロナウイルスで出張も取り止めになり、ブログを書く時間があります。(笑)
今日の読んだ日経ビジネスの賢人の警鐘という欄で、小林さんが書いていた。「激変する時代に備えよ!」は考えさせられることが多い「ものさし」ではなく「ことさし」とは何だろうというところでドキッ!????
そこで、思い出した言葉がビジョナリー・カンパニーという本の中に書かれていた・・時を超えて存続する仕組みとは?・・・・・「時を刻むより、時計を作れ!」・・・・・・テクノロジーが究極に進化する世界では、確実に哲学の重みが増すだろう?とありました。

  
Posted by sintyan_world at 17:30コメントの投稿(0)

2020年03月04日

本日決算発表をいたしました。

service_img03

ティーライフは、3か月ごとに決算発表を行っていますが、上期6か月間(8月〜1月)の決算を発表しました。
お陰様で増収、増益でした。下期(2月〜7月)は新型コロナの影響もあり、不透明ではありますが、確実な経営を推進いたします。
さて、その中で一番に嬉しいことは、積極的に投資してきた自社の物流機能を外販する「3PL」事業が大きく芽を出してきたことです。これは、倉庫賃貸、出荷業務の委託事業です。「天・地・人」・・天の時「ECの発展で物流センターの需要が高くなっている」  地の利・・「静岡は東へ行くにも西へ行くのも日本の中心地」  人・・「長年の通販物流を自社で行ってきたノウハウ」これらがすべてそろっている事業と考えた新規事業です。そんなわけで、弊社のロジスティックを紹介しているサイトを作りましたのでご覧ください。ロジスティック事業HP⇒https://logi.tealife.co.jp/

  
Posted by sintyan_world at 16:00コメントの投稿(0)

2020年03月03日

お茶ギフト専門店irotoridori.(いろとりどり)オープン!

無題
楽天モールの中に、お茶ギフト専門店irotoridori.(いろとりどり)
https://www.rakuten.ne.jp/gold/iiohada/がオープンしました。

忙しいまいにちに、ほっと一息。
見ているだけで、なんだか幸せな気持ちになれる、楽しくなれる。
やすらぎのひと時をもたらしてくれる、やさしいお茶を目指しました。

大切な方への贈り物に、がんばる自分へのご褒美に。
irotoridori.は、わたしたちの生活をやさしく彩る、特別な一杯をお届けします。
  
Posted by sintyan_world at 16:48コメントの投稿(0)

2020年02月28日

「コロナショック」の始まりでしょうか?

71088_main


















去年10月の消費税アップの影響が消えつつあったのに、強烈な大敵が現れた。
観光業、飲食業、などなど人の集まることを、生業にしている会社は大変なことになって来た。
私どもは通販だから、直接の影響は少ないですが、不景気になれば、回りまわって買い物してもらえないわけだから大変になりそうです。
「マスク、手を洗う、体調が悪ければ休む、なるべく人混みには出かけない」は基本としても、日本全体で会合や飲食も自粛するのは、ちょっとやりすぎで心配です。東日本大震災でも自粛したが、そしたら「自粛するのは被害地のためにならない」となりました。でも今回は目に見えないウイルスだから怖い。いつまで続くかわからないので不安ですね。
  
Posted by sintyan_world at 17:16コメントの投稿(0)

2020年02月17日

河津桜満開❕

桜
土曜日にラッキー(柴犬)の散歩で川の土手を歩いていたら、河津桜が満開でした。去年より一週間ほど早いような気がします。今日も気持ちが悪いくらい温かですが、あまり温度変化があると身体がついていかない!コロナウイルスもどこかに吹き飛んでもらいたいですね。さて、私どもでは1月末で上半期が終わり、下半期に突入ですが、ニュースを見るたびに暗くなる、あまり見ない方が良いかもしれません。中国のTモールも再開したようで、配達も始まったようです。中国では、家から外に出ない人が多く、ネットビジネスは凄く活況になっているとの報告!Tモールでも売り上げの5%を武漢市に寄付セールが始まるらしいです。私どもの会社も参加するそうですが、さてどうなることでしょうか?

どんな経済環境になっても、我社の基本方針は微塵も変わりがありません。
※目指す方向
「良い会社をつくり、より発展させて行く」
,客様に喜ばれる商品・サービスを提供できる会社
働く人が幸せな会社。
9蘯益の会社。
どれか一つでも欠けたら良い会社ではありません。「働き方改革」は「仕事のやり方改革」です。お客様から見て、私たちの会社で買う理由がある会社でなければなりません。これから始まるAI社会でも、私たちの会社がないと困ると思われる会社になるべくグループの総力で取り組んでまいります。

でぁ
  
Posted by sintyan_world at 16:43コメントの投稿(0)

2020年02月07日

新型コロナウイルス心配ですね〜

70844だるま落とし











クルーズ船の人達も下船できず大変ですが頑張ってほしい。コロナウイルスの感染力は想像以上に強いことが、はっきりしてきましたね、人混みの中にはなるべく出かけないようになると、経済の落ち込みも心配ですが、そんなことを言っていられないようになってきました。小指の先ほどの部品が一つでも欠品したら、商品、製品はできない。改めて中国依存が隅々まで広がっていることを実感する。去年の10月に消費税アップでやっと持ち直してきたと思ったら、コロナウイルスで小売業は大変になっていくと思う。終息は5〜6月頃だろうか?オリンピックもどうなるか、世界から選手やお客さんがやってくるのだろうか?

先のことを心配しても仕方がありませんが、大会社の決算説明は「先は見通せない!」つまり、今以上に良くなることはないが、どれほど落ち込むかは見通しがつかないと言っている。正直なところだと思う。

以外の展開が、日経平均の堅調だ、アメリカの経済に引っ張られて株高になっている。中国の巨額の経済出動に期待しているのかもしれませんね。今年は前半はダメでも、後半良くなるのかもしれません。いずれにしても一日でも早いこの騒ぎの終息を願っています。

「今年の秋は雨か嵐かしらねども、今日も田の草を抜く」そんな心境です。
皆さん元気を出してください。明けない夜はないのだからね。  
Posted by sintyan_world at 17:14コメントの投稿(0)