2016年09月29日

秋突入ですね。

写真 (1)
今年は残暑もなく、いきなり秋になりましたね。天高く馬肥ゆる秋・・・美味しいものがいっぱい!味覚の秋を思いっきり楽しみたいですね。

私たちでは、10年以上前から化粧品を販売していますが、お客様に「どうして化粧品を販売するようになったの?」とお便りがあったので、下記のような返信をいたしました。

創業した当時から高純度木酢液「優肌の精」という商品を販売していました。
木酢液はも木炭を焼くときに出る、そのエキスを採ったものですが、その当時では珍しい不純物を取り除くために蒸留精製した高純度の商品でした。

あるとき、お客様から「優肌の精とグリセリンを混ぜて化粧水として使っています。」とお便りを戴き・・・私はなるほどと思い、その作り方をお客様に紹介したところすごい反響となり、しばらくして「自分で作るの大変だから伸ちゃん作って~」とたくさんのお便りをいただきました。

それなら、私共で化粧品を創ろう!となった訳です。

肌に良い作用があることは確信していました。それというのも、私は有機農法の研究もしていたことがあり、農薬に木酢液とブレンドして散布すると農薬の量を3分の1に減らしても、同じような殺菌防虫作用があることを知っていました。

これは木酢液の浸透性が高いからで、少量の農薬でも効果を高めるのです。植物の葉にも細胞があり、呼吸していますので人間の肌でも同じ作用があるはずだ・・・と思っていました。

しかし、専門家に絶対に売れないと言われました。

私どもの持参した「優肌の精」をみて、研究室の担当は「肌に良いことはわかっているが〜ダメダメ! こんな臭いものが化粧品にしても売れないよ!」とひどいものでした。

どうしてもこれで、化粧品をつくりたいというと「炭の香りを他の香料でごまかしたら」とか「匂わない程度に極少量入れたら」とか言われました。

しかし「どこにもある化粧品なら私たちが作ることはない!」「すべて買い取るから!」と説得して開発を続行してもらいました。

「木酢液」がより品質の安定度の高い「竹酢液」に変わりましたが。なんども試作を繰り返して完成度を高めていきました。


やっと製品化した「炭の露クリアップローション」を不安な気持ちで発売したところ、たくさんのご注文をいただき感激しました。

お客様のお便りに「炭の露が私の肌に奇跡を起こしました!」「肌が見違えるようにみずみずしくなりました」などたくさんの喜びの声をいただき、涙が出るほどうれしかったことを思い出しました。

でぁ  
Posted by sintyan_world at 15:37コメントの投稿(0)

2016年09月20日

台風の影響で大雨が!

IMG_1176
今日の問い合わせセンターの様子。雨がだんだん強くなってきましたので、定時で帰るように指示しましたが少し心配です。

さて、パラリンピックが閉会しました。選手の皆様お疲れ様でした。皆さんの頑張りは、もちろんすごいと思いましたが、選手の皆さんの、輝くような笑顔が印象的でした。身障者ということで、落ち込むこともあったと思いますが、そんなそぶりも見せない精神的な強さは凄いなぁ〜と思います。

昔、お寺のお坊さんに言われました。・・・「土砂降りの雨の中でも自分には、陽があたっていると思って人生を過ごしなさい」いい言葉ですね。

でぁ
  
Posted by sintyan_world at 16:23コメントの投稿(0)

2016年09月12日

ティーライフだけ何で独走する?

G
先日のIRセミナーで、同じような商品があるなかで7年も右肩上がりで「なぜそんなに商品が売れるのか?」それがわからない!とアナリストから質問されました。

あまりの直球の質問にビックリで!「一度商品を買って研究してみたら?」「経営戦略が優れているから」と言いたかったですが・・「商品力のおかげ」と答えておきました。

しかし、私達が独走するには、それだけの理由があることを伝えないと真のIRにならないなぁ〜と思いこれを書くことにしました。

商品も経営戦略と同じで「目標、戦略、戦術、時間」を考え方針書にまとめ進捗管理をしています。

主力の商品はプーアール茶ですが、他社と違う商品力がポイント。カテキンの含有量が多い緑茶を麹菌で発酵させ、マイルドな味にしたものがプーアール茶。

緑茶の効能は最近の研究で明らかの通りですが、その緑茶が「味噌や納豆、ヨーグルト」と同じ発酵食品(飲料)になっているわけですから素晴らしい健康食品なのです。

緑茶の効能の主成分は渋味のカテキンですが、今の日本の緑茶は渋みが少なくなるように品種改良を続けてきた結果、プーアール茶に使われる茶葉の0.5〜1割程度しか含まれていないのが現状です。したがってプーアール茶を飲み続けている方は、その違いを実感されるはずです。

大手の会社(サントリー)がペットボトル茶を製品化したことがありましたが、、味が悪く全く売れず大失敗しています。ペットボトル化はプーアール茶の特性上、難しいのが特徴。それでは紅茶は?ということになりますが、紅茶は微生物の力で発酵していませんので「発酵ではなく酸化したお茶!」で厳密には発酵茶ではありません。したがって、プーアール茶の様な効能は期待できません。

プーアール茶は中国では3000年以上前から良く飲まれていて、油の多い中国料理によく合います。ウーロン茶は中国ではほとんど飲まれていません。お茶は身体を冷やすものといわれる中でプーアール茶は身体を温めるお茶に分類され、健康的な飲みものとして定評があるものです。

お茶はサプリメントと違い、体調に合わせて、濃くも薄くもできるし、家族全員で飲むこともでき、飽きのこない飲みものです。お茶はには「カテキン」「テアニン」「カフェイン」の三大成分が含有されてますが最後に「ン」の付くものは「ニ◯チン」「ヘ◯イン」「コ◯イン」など常習性があると大学の先生も言っていました(笑)

したがって通販の商品として最適です。一度飲まれた方が「家庭の保健飲料」として続けられる方が圧倒的に多いのが特徴です。

私どもでは中国の毒餃子事件があったときも、お客様から信用していただき、お客様が離反するようなことはありませんでした。さすがに新規のお客様は確かに獲得しにくくなりましたが、結果的にその事で中国プーアール茶のライバル社が出てくることはなく、今でも積極的に取り扱う会社は現れていません。

プーアール茶の輸入品をそのまま販売している他社とは違い、私達では独特の製法である蒸気殺菌を施し、精製してから商品化していますので、飲み比べればすぐわかるずです。
そして、その種類も圧倒的に多いですが、ドラックストアーの様に、ただお茶を売ると言う事ではなく、ダイエットを始めとした健康アドバイスの中にお茶もあるという、そんなスタンスの位置付けの売り方です。

「中年太り専用茶」とのコピーでもわかるように、モデルのような体型を目指すスピードダイエットではなく、身体に負担をかけないで、ユックリと続けたら、気がついたら変わっていたと言うような、個人のペースに合わせたダイエットをお勧めしています。したがって通信販売のやり方も極めてパーソナルな通販でお客様との絆が強いのが特徴です。

商品でもこれだけの差別化を考えています。ルート戦略、営業戦略、組織戦略、財務戦略も同じように差別化を考えて、方針を創っております。・・・と偉そうに書きましたが、皆さんのおかげで株価が形成されますので、何卒よろしく願います!

あとは私どもの商品を直接に買ってみて、そのビジネスモデルを確認して下さいね!

でぁ

  
Posted by sintyan_world at 09:24コメントの投稿(0)経営者の一言

2016年09月05日

今日、決算発表しました。

IMG_0078補正後2
本日、15時に33期の決算発表しました。皆さんのおかげで7期連続の増収となりました。
ティーライフ単体では、新規のお客様増加により2年連続の増収増益となりました。
結果、株式配当は6期連続の増配を予定しております。
新商品「チョウ活宣言・活性フローラ」は、緑茶を麹菌で醗酵させ、有用な乳酸菌をブレンドしたサプリです。「腸にいる常在菌の機能を飛躍的に高める」という、従来の乳酸菌にはない機能を持った商品で、嬉しいお便りが続々で嬉しい悲鳴の状況です。これからの展開がとても、とても楽しみな新商品です。これからも、ひとり一人のお客様に「健康相談」「商品体験」「AI活用」など、適切なアドバイスができるセンターを目指していきます。そんな素晴らしい会社(自画自賛・笑)ですが、弊社株は超お買い得価格のままとなっています。なんと、その利回りは銀行金利の数百倍の利回り配当。この機会にまだ株主ではない方は是非、私共の株式購入をご検討くださいませ。そして、長〜いお付き合いをお願いします。
  
Posted by sintyan_world at 17:49コメントの投稿(2)経営者の一言

2016年08月24日

会津駒ヶ岳

20会津駒ヶ岳0142
会津駒ヶ岳に登りました。これで百名山88山登頂となりました。一番うれしかったことは、まだまだ体力は若い者には負けんぞ〜と自信になった事です。体力がないと自信を持って決定ができないから、社長の一番の資質は体力だと考えています。ハイ!金曜日の夜、静岡を出発、車を走らせて朝6時に登山口に到着、それから雨の中を6時間の急登でしたが、意外と楽に登れたのは驚きでした。




20会津駒ヶ岳0080
山小屋に泊まり、明日は雨の中を下山と覚悟していたのに、起きてみたら晴れていてビックリ!朝一で食事もしないで山頂に向かいました。昔の歌で「♪村の渡しの船頭さんは今年60のおじいさん、歳をとってもお船を漕ぐときは、♪ぎっちら、ぎっちら、ぎっちらこ」というのがありましたが、そんな心境です(笑)





20会津駒ヶ岳0018
登りはこんな小雨の中を、とぼとぼと、この木道が滑るのです。翌日は山頂に登り、それから遠回りをして下山、桧枝岐村の温泉に入って、本場のそばを食べて帰路につきました。ここのそばは本当においしかったです。

でぁ  
Posted by sintyan_world at 10:17コメントの投稿(0)山歩きの一言

2016年08月19日

ティーライフの子供参観日

IMG_2164こ
ティーライフでは毎年この時期にお父さん、お母さんの働いている職場を見学し、仕事を体験する子供参観会ということをやっています。実際にお母さんが一生懸命にお客様と話をしている様子を見て「大変そうだと思った」とか「楽しそうだったとか」いろいろ感想をもらいました。



IMG_2096こ
通信販売で、お客様が直接に買い物に来られないが、電話やメールで日本各地や外国からも注文をいただいています・・・と子供に分かりやすく説明するのが意外と難しいなぁ〜と気が付きました。このあと、パッケージのデザインに挑戦してもらったり、お茶のブレンドに挑戦したりしてもらいました。




こIMG_2190
名刺交換の練習もして、各自の名刺をこちらで10枚作り、社内の好きな人と名刺の交換をしてもらいました。私もほとんどの子供と名刺交換しました。・・・・・毎回、この名刺交換が一番人気があります。この後、お弁当をお父さんお母さんと一緒に食べ、感想を一言いただきました。

「大きくなったら、お父さんのように仕事を頑張りたいです」と言われたら、仕事を頑張るしかないですねぇ〜。


でぁ  
Posted by sintyan_world at 16:05コメントの投稿(0)経営者の一言

2016年08月18日

磐田市の卓球協会

IMG_1169
このひまわりは会社の入り口に咲いています。社員が毎日水をやり育てています。

さて、リオ・オリンピックを最初は気にしていなかったのに、夜遅くまで見入ってしまうのはなんなんだろう?やっぱり技術、体力、気力の全力ガチンコ勝負の迫力に圧倒される。この時のために何年も準備してきたものを、すべて出しきって、勝負する清々しさを感じるからだろうか?

卓球もその一つ、磐田市は私どもの物流センターがある隣町で、磐田市に住んでいる社員も何人かいますので、なんで磐田市から何人もオリンピックの選手を輩出しているのか聞いてみました。

そうすると「磐田市には卓球協会」があり、子供の時から卓球に親しむ体制がキッチリとできているとのこと「公園の片隅にも卓球場があるんだよ〜」とのことで、水谷選手の父親が卓球協会の会長とのことで、指導体制も昔から伝統があることがわかった。

仕事も勝ち負けと同じように「自分という敵に圧倒的に勝つ!」毎日を悔いなくやりきった先には「新しい世界が広がっているはず!」「新しい自分をそこで活躍させる!」それを実現させるための、知力、精神力、実力を絶えず磨いていく。そんな教育体制をキッチリと確立するのが、企業経営の基本だなぁ〜と思うリオ・オリンピックです。

でぁ  
Posted by sintyan_world at 10:02コメントの投稿(0)経営者の一言

2016年08月12日

「バカな」と「なるほど」

FullSizeRender (4)
11日に地元の花火大会がありました。私どもの花火もほんの少しですが協賛させていただきました。題名は秋の?なんとかでしたが、秋らしく上品な花火でした。

さて、久々に面白い本を読みました。
本の題名は「バカな」と「なるほど」・・・なるほどなぁ〜と思いました。

※企業の競争戦略とは「他社と違った良いことをしろ」に尽きる。

しかし「良いこと」と「他社と違った」はとても相性が悪い(笑)ので困りますよね。

他社と同じでは早かれ遅かれ儲からなくなってしまう、だから違いをつくる。

「違ったことは」は「お客様にとって良いことでなくてはならない」・・・・ここまでは納得。

・しかし、これには矛盾がある。「違うこと」と「良いこと」は折り合いが悪い。そんな良いことは、とっくに誰かが気が付いてやっている。「良いこと」ほど「違いに」になりにくい。

他社もライバル社の戦略に注目している。「良いこと」で成功しているなら、すぐ他社も同じことをする。・・・違いが違いでなくなってしまう!

だから、他社がまねしない「バカなこと」をしなさい。

しかしほんとにバカなことではなく、後から他社が「なるほど」と気が付くような、一見バカなと思えることをする。・・・合理性の時間差攻撃!!

ここまでは、何とか理解できる。成功している会社のほとんどが他社に先駆けて、アッという思いがけないほどの投資して成功している例が多いのも良くわかります。

合理性の時間差攻撃を持ち出さずとも「バカ⇒なるほど」ができる論理とは、部分と全体の合理性のギャップをつくることだ!・・・・と説明していたけどここで、良くわからなくなった。・・・・要は「合理性の空間差攻撃」????

このお盆休みの宿題のように、私の頭に張り付いた!!・・・じっくりと考えてみよう!

でぁ






  
Posted by sintyan_world at 10:53コメントの投稿(0)経営者の一言

2016年08月05日

経営計画発表会

IMG_1986経営計画
お元気ですか?猛暑とはこのことですかねぇ〜 ポケモンゴーのどこが面白いのか? いまだにわからない伸ちゃんです。

ティーライフは8月1日から34期に入りました。例年と同じ期の始めに経営計画発表会を行い新しい気持ちでスタートしました。

私が話したことを、要約すると。

・事業環境の変化と目指す方向性
 これから10年間で変わるもの、10年後でも変わらぬもの。
 変わらぬものを軸に、変転する市場を見極め、それに合わせて我社をつくりかえる、  チャレンジする。・・・他社に先駆けて非常識に変化していく。

※長期ビジョン

・企業イメージ
 健康で楽しい生活をサポートする「ウェルネス&ライフサポート企業」
 ネットを通じグローバルに展開する「グローカル企業」
 特定分野に特化した企業集団・・・・・「ティーライフグループ」

・組織イメージ
 従業員が仕事を楽しめる、突破力、人間力のある企業文化
 努力を怠れば上司、同僚から叱咤され後輩から突き上げられる会社
 社員同士が競い合い、幹部が下から追い上げられる会社

・新規事業
 アジアでのEC事業に本格的な展開、そのための積極投資
 ライフサポートの空白領域の会社のM&A
 超生産性の高い物流(工場)センターの構築

今期も顔晴りま〜す。    であ!
  
Posted by sintyan_world at 15:30コメントの投稿(0)経営者の一言

2016年08月02日

山伏岳

20160802写真
7月31日、日本200名山のひとつ山伏2014mに登りました。頂上から富士山が良く見えました。「山笑う!」は春の季語ですが、そんな感じの山でした。山伏という名ですから、昔は修験者の聖地だったかもしれませんね。山伏⇒八紘嶺⇒七面山⇒敬慎院⇒身延山は修行街道かな?八月に会津駒ヶ岳に登る予定で、その足慣らしに、息子、孫、私の三人でのんびりした一日でした。  
Posted by sintyan_world at 16:40コメントの投稿(0)